ホーム > 医療関係のみなさま > 利益相反(COI)

利益相反(COI)

日本肝臓学会は、学会員の利益相反(conflict of interest: COI)状態を公正にマネージメントするために、平成23年6月4日(通常総会終了翌日)より「臨床研究の利 益相反に関する指針および細則」を試行的に運用して参りました。この度、試行期間を経て「医学研究の利益相反に関する指針」を策定し、平成25年4月より完全実施となりました。

本指針は本学会における医学研究の公正・公平さを維持し、学会発表での透明性、社会的信頼性を保持しつつ産学連携による医学研究の適正な推進を図るために、日本内科学会、日本消化器病学会などの関連学会の指針を基盤として策定したものです。この指針の適正かつ円滑な運用のために「医学研究の利益相反に関する指針の細則」に従って申請書の提出をお願いいたします。

なお、今後は、本学会役員、規則で定める委員会委員、学会発表者、論文投稿者等を対象として、利益相反状態に関する自己申告および開示をすることが必要となります。